bar

運命数から導かれる性格で相手との相性を占う-ドリームコープ

destiny-number

そもそも運命数とは?ライフパスナンバーってなに?

運命数とは、近年若い女性の間でも人気の占いのひとつである数秘術のひとつで、カバラ数秘術やライフパスナンバーとも呼ばれています。

その運命数の算出方法は至ってシンプルで、西暦表示の生年月日の数字を一桁になるまで足していって、最終的に一桁になった数値があなたのライフパスナンバーになります。後述しますが、例外的に11や22などのゾロ目においては、2桁まで到達した段階で加算をやめますが、手軽にできる占いとして広く一般的に知られているのが特徴です。

・運命数の計算例
1976年3月15日生まれの人の場合

1+9+7+6+3+1+5=32
3+2=5

つなわち、運命数は「5」ということになります。

運命数・カバラ数秘学は西洋占星術のひとつで、生年月日を元にしていることから命術の占いとなります。元々「カバラ」とはユダヤ教の伝統に基づいた神秘主思想であり、この創造論が土台となっています。

この占いによって、個々人が持つ先天的な運命や宿命、生まれ持った才能や能力を導き出し、潜在的な意識のなかでその占術結果を心掛けることに意義があります。

運命数占いのなかでは、最終的に一桁になった1~9の数字で基本的な性格を示し、その性格判断を元に相性診断ができるということで、特に恋愛や結婚における相性診断に多く用いられています。昨今では、数秘学など数字を元にした占いがプチブームとなっており、数字を用いたその他の占術としてエンジェルナンバーなども人気の占術になっているようです。

11・22・33などのゾロ目は特別な存在?!

冒頭でお伝えした運命数1~9以外にも、11・22・33・44などのゾロ目の結果については、その2桁の数値が出た時点で加算をやめます。そのゾロ目については、特別な意味の持つマスターナンバーと呼ばれており、1~9の数値の人に比べて運気が強かったリ、様々な面においてパフォーマンスを発揮する優れた能力の持ち主という位置づけになります。

ただし、このゾロ目自体は決して珍しい数字ではなく、生年月日の組み合わせで言っても決して確率が低い訳ではありません。自身の運命数がマスターナンバーだったからと言って、特別な存在であると自負しすぎないよう注意しましょう。

・マスターナンバーの計算例
1999年9月25日生まれの人
1+9+9+9+9+2+5=44

あいにく西暦+誕生日の計算においては、55のゾロ目は存在しないため、現時点でのマスターナンバーは、11・22・33・44の4つになります。つまり、運命数から導き出される性格や人格のタイプは1~9までの9種類とマスターナンバーの4つ、計13パターンということになりますので、それぞれの性格と相性診断を、運命数ごとで紐解いてみたいと思います。

なお、カバラ数秘学においては、姓名数を用いた数値診断も存在し、姓名をローマ字に変換後、そのローマ字に割り当てられた数値を一桁になるまで加算し続ける方法にてライフパスナンバーを導き出します。ただし、姓名数においては、結婚や離婚等により姓が変わる可能性があることから、占術的には相術の占いに違いイメージで、運命数占いとは多少趣旨が異なる点を認識しておく必要があります。

数秘術におけるライフサイクルは9年周期

あらゆる占術のなかで「6」や「9」という数字は良く用いられます。九星気学しかり、カレンダーの六曜しかり、この運命数も基本的には1~9の数字で分類されています。

このカバラカバラ数秘術におけるライフサイクルは、3年ごとに6つのステップを繰り返し、その年齢に応じて5つのステージを現します。

5つのステージにおいては、実年齢で25歳までを準備期、26歳から34歳までを成長期、35歳から43歳までを躍進期、44歳から52歳までを完成期、53歳以上が完成期というように捉え、すべて9年単位でステージが変化していきます。

6つのステップにおいては、18年で1サイクルとなっており、最初の3年が開墾期、次の3年が種付期、次の3年が開花期、その次の3年が結実期、そして収穫期を経て、休息期に向かいます。

上述のとおり25歳までは準備期間なので、実質的に26歳からが成長期の始まりであり、18年サイクルで言うと最初の3年にあたる開墾期となります。

よって、41歳から43歳が休息の時期に当てはまり、44歳からがまた開墾期のサイクルに戻ります。こうした観点からも、何かアクションを起こす際の目安としても有用なのがこのカバラ数秘術で、運命数による性格判断以外にも様々な事柄を占うことができます。

ただしのライフサイクルにおいては年齢のみを対象としており、個々人が持つ固有の特性は考慮されておりませんので、あくまで表面的な部分のみで捉えておいた方が良いかもしれません。

運命数別の基本的性格の捉え方については、また次回更新でご紹介します。

bar

今注目のページ

bar

最新情報