bar

何人の子宝に恵まれるか分かれば将来設計も自由自在!

子供の数

バスケ?サッカー?野球?

結婚してしばらくは旅行に行ったりして二人っきりの時間を楽しみたいですが、新生活が落ち着いてくると欲しくなるのが可愛い赤ちゃん。
妊娠から出産までの期間はつわりやマタニティーブルーなど辛いことも多いですけど、その辛い時期を二人で協力して乗り切ってこそ夫婦の絆もより深まるというものではないでしょうか。
とはいえ、子宝は天からの授かりもの。妊娠の時期や回数までは自分では分かりません。
子供が何人欲しいかと聞かれて「野球チームが作れるくらい!」という男性がたまにいますが、野球は1チーム9人、バスケットは5人、サッカーは11人…家族だけで球団を作るのはなかなか難しそうです。
このページではあなたと彼の運勢から、二人の結婚生活で何人の子宝に恵まれるを占うことができます。
この占いの結果によってはあなたの彼に「野球じゃなくてバスケットチームにしない?」と交渉しなければいけないかもしれません。

子供を育てるには愛と時間とお金が必要

育児というのは、我が子の成長を自分のことのように喜び、巣立ちの日まで側で見守り続けるという、得られる喜びも多いですが、同時に苦労も多い大変な仕事です。子供が生まれるとそれまでの二人の生活から子供を中心とした生活へと変わり、夫婦の時間の多くは子供へと費やすようになります。
また、我が子が成長するにつれて子育てにかかる費用も増えていきます。
子供一人を大学卒業まで育てる場合にかかる子育ての費用は平均で約1000万円ほど。
仮に五人の子供がいた場合、子育て費用で5000万円ものお金がかかります。
5000万円というのは東京23区の新築マンションの平均販売価格とほぼ同じです。
何人の子供を育てられるのかは夫婦の収入とのシビアなバランスが必要です。
事前に何人の子宝に恵まれるかが分かっていれば、子育てにいくら、残りは住宅資金に、というように人生設計のプランを考えるのも簡単になりますよ。

結婚生活の選択肢は無限にある

もし、あなたと彼が子宝に恵まれにくいとしても事前に分かってさえいれば安心です。
妊娠しやすくなるための活動である妊活や、不妊治療によって子宝に恵まれているカップルも大勢います。
不妊治療は当然費用もかかりますが、婚前から費用を貯めておくという選択肢も選べますし、妊活も始める時期が早ければ早いほど妊娠する確率が高くなるのです。
もし、あなたと彼が「そこまでして子供は欲しくない」と思うのであれば、夫婦二人の水入らずの時間を過ごすために旅行に行ったり、夫婦で同じ趣味を楽しんでみたり、子供がいなくても結婚生活を楽しむ方法はいくらでもあります。
実際、結婚しても子供を作らずに夫婦だけの生活スタイルを選択する人たちも増えています。
あなたも彼との間に何人の子宝に恵まれるか占って、未来の二人の生活について話し合ってみるのもいいかもしれません。

さっそく占ってみる
bar

今注目のページ

bar

最新情報