bar

運命線

運命線

男女で異なる運命線の意味

男女で異なる運命線の意味

運命線は、手首から指に向かって一直線に伸びている線のことです。

運命線の解釈は、男女によって少し異なるようです。
男性の場合は、主に仕事運。女性の場合は、仕事運と家庭運についてあらわしているようです。

また、左手の運命線は、自分自身のやりがいをあらわし、右手の運命線は人は社会的に見た境遇をあらわしています。

運命線が中指の付け根より5mm下にあると、晩年まで充実した生活を送れることをあらわしています。

運命性の勢いや太さによりその人の実力をみることができますよ。

ある意味手相は自分を映し出す鏡ですから、自分には実力がある!という自信のある人には強く太い運命線ができる傾向にあります。

たとえ実力があったとしても、自分に自信が全然なかったら運命線は弱弱しく薄いものとなる場合もあります。

ちなみに、肉体労働をしている人は運命線が強く太くハッキリしている傾向にあるそうです。

というのも、肉体労働をしている人は、今日も仕事をやった!という充足感があるからだそう。

この太くて強い運命線が女性にある場合は、「かかあ天下」の相になります。

それなりの自信、実力があるのでこの「かかあ天下」の相がある人の夫は委縮して小さくなってしまいがちです。

逆に細くて弱い運命線を持つ人は優柔不断で頼りない人が多いです。
流されるままに生きている、意志薄弱と評されることもあるかもしれません。

さっそく占ってみる
bar

今注目のページ

bar

最新情報