bar

西洋占星術

西洋占星術

古代文明から影響力を持っていた西洋占星術

西洋占星術とは、西洋で発展した占星術であり、ヘレニズム時代に成立したものが基盤となっています。一般的には、ホロスコープと呼ばれる占星術で各個人を占うための天体の配置図を使います。

生年月日と時刻にどの位置にあるのかをホロスコープに描き出し、それを解釈し占うのです。
ホロスコープとは、、12サイン(12星座)、12ハウス、10天体、天体のアスペクトで構成され、その組み合わせで導いていきます。
それによって、性質、行動パターン、性質、運勢、価値観、傾向、相性などを占えます。
星座占いとの違いは、星座占いは12星座で占いますが、占星術は他の惑星も関わってくるので、12星座より細かく占えます。
西洋占星術はとても奥が深い占いです。
天文学や自然科学、心理学まで絡んでくることもあります。
西洋占星術の他の占いと大きく違うところが、学者や科学者が西洋占星術について研究しているということです。
占星術の研究に積極的に取り組んだ心理学の代表的な学者にかの有名なカール・ユングがいます。
西洋占星術はもはや占いではなく科学と呼ぶ人もいるぐらいですから。
西洋占星術は、太古から人々に活用されており、エジプトやギリシャなどの古代の文明でも大きな役割をしていたようです。
そのため占術としてはとても信頼のある占いでしょう。
また、相性占いや恋愛運、自己分析などが詳しく知ることができます。

さっそく占ってみる
bar

今注目のページ

bar

最新情報