bar

多くの経営者が取り入れる?仕事占いによる運勢鑑定-ドリームコープ

ceo

金運や開運グッズは社長室の定番アイテム?!

経営の神様との異名を取る、現パナソニックの創業者でもある故 松下幸之助氏の名言に「経営において成功するか否かは9割が運」という有名なセリフがありますが、この言葉が示すとおり、著名な経営者をはじめ会社を経営している経営者の中には、開運や易学などを信仰し、運気を呼び寄せる様々な行動を実践している方が数多くいらっしゃいます。

普段はあまり目にすることの少ない水晶玉や、少々派手な置物が鎮座している社長室をご覧になったことがある人も少なくないと思いますが、運が強いこともまた、成功する経営者として必要な能力として捉えており、様々な開運グッズが飾られているのは、そうした考え方が背景にあるからなのです。

このページでは、多くの経営者が取り入れる占術や運気アップのためのグッズ、パワースポットなどについてご紹介いたします。

一部、神頼み的な印象も受けるかもしれませんが、もちろん経営者自身も「運のみ」で判断している訳ではなく、リーディングの結果をあくまで参考意見のひとつとして捉えているに過ぎません。経営者の多くがなぜ占いに傾倒するのかを検証してみたいと思います。

運気に対する助言やサポートができる社員が欲しい?!

カリスマ的な経営者ほど人望が厚く、優秀な部下が集まります。優秀な部下は、様々なアイデアや積極的な行動で経営者のサポートを行いますが、運気については余程の強運を持つ部下がいない限り、適切なアドバイスやサポートを行うことはできません。

ビジネスシーンにおいて、重要な判断を下さなければならない場面、組織変更や人事異動の判断など、経営者は適宜適切な判断を強いられますが、経営者と言えど同じ人間・・・時には迷い、悩むことも少なくありません。

「社員を路頭に迷わすようなことは避けたい」という非常に大きな重圧が掛かるなか、大きな失敗のリスクもある経営判断を常に行っており、その精神的負担は計り知れません。

そうしたプレッシャーのなか、適切な判断を下すうえでも運気は重要であり、少しでも運気を呼び寄せ、会社の拡大や事業の成功に導こうとすることは何より理に適っている行動と言えます。

独立の選択は正しい?仕事占いで自身の夢を叶えようの記事でもご紹介したように、運を好転させるきっかけを掴むための祐気取りを行う経営者は多く、特にパワースポット巡りのほか、社員旅行なども伊勢神宮のような有名なパワースポットを選ぶケースも多いのです。

気の流れや偶然の中の必然を見出すことを重視

経営者の方は、何も趣味が興じて占いを行っている訳でもなく、開運グッズなどを揃えている訳ではありません。様々なビジネスシーンにおいて、常に最善となりうる判断を下すためにも強い運気を味方につけることに重きを置いています。

そういう観点では、気の流れの法則など重視する傾向があり、風水にこだわって社長室の要所に運気アップアイテムを置いたり、外出先を決める際にも吉とされる方位に向かうなど、徹底されている方も多いようです。

また、様々な重要な判断を下すために易などの卜占を取り入れ、様々な可能性を探ることに重きを置く経営者もおります。易などの占術は、遠い将来などを占うのではなく、近い未来への流れや判断が分かれた時などに良い流れに乗るにはどの方策を取るべきかを示してくれる占いです。

適宜、こうした占いを取り入れることで、自身の意識変化や自身で気付かなかったことなどを改めて知ることができるというメリットもあるようです。

bar

今注目のページ

bar

最新情報