bar

自分にとって本当の理想の相手を占う|当たる占いドリームコープ

ideal

既婚者の約半数がパートナーに不満があるという結果があります

既婚者に「生まれ変わっても現在の相手と結婚したいと思うか?」という質問をしたところ、女性は約半数がNo!である、という結果が出たそうです。また、「離婚したいと思ったことがあるか?」と聞いたところ、やはり半数以上の女性が「考えたことがある」とのこと。男性は7割以上が「同じ相手と結婚したい」と思い、「離婚したいと思ったことがある」のは4割を少し下回ったそうです。

女性はパートナーへの満足度が低く男性は満足度が高いとも言えます。別の言い方をすれば多くの女性は結婚した相手が自分の理想とは違ったと感じており、多少なりとも失望しているということになると思います。ではこのようなギャップを埋めるためにはどうしたらいいのでしょうか。

自分にとっての理想の相手とはどんなタイプかを考える

自分にとっての理想のパートナーとはどんな人でしょうか。きちんと考えたことはありますか?素敵な恋愛をしたい、あるいは自分にピッタリの相手を見つけたいと思ったら
まずはじめに理想の相手をしっかりチェックすることです。そして理想と現実がどのくらいマッチしているのかを把握してみましょう。

「常に自分のことを一番に考え大切にしてくれる人」「浮気をしない」「一定の収入があり生活が安定できそう」が理想の条件として上位に来ています。しかし、これだけでいいのでしょうか。男女には相性というものがとても大切です。ある程度深くお付き合いしないとわかりにくい部分が多くありますが、少しでも早く相手がどんな人なのかを把握できると気持ちに余裕ができますし、お付き合いの仕方も判断することができます。

自分の性格判断から理想の相手を診断する

まずは自身が求める理想の相手というものを把握するのが大切といいましたが、実はこれも漠然としていて難しいものです。そこでまず自身の性格を占ってみるのが良いでしょう。知らなかった自分の一面を見ることができます。たとえば、社交的で明るく人付き合いもいいのですが、実は内面は人見知りで神経質なところがあり、初対面では警戒心が強い一面がある、というように自分の知らなかった自分が見えてきます。自分が思っているのと全く違うタイプの人が理想のパートナーであることがわかるかもしれません。自身で考える理想と深層心理が求める理想とを上手く導き出して、できるだけマッチングするパートナーを見つけたいものですね。

生年月日や姓名判断などで理想の相手を見つける

少しのお付き合いでは本当の性格はわかりません。ミスマッチを防ぐためにも早い段階である程度相手のことを知っておいたほうがいいでしょう。そんな時は生年月日や姓名判断を用いた占いで二人の相性を診断してみることをおすすめします。グループ交際をしている中で相性の合う人を探してみたり、お付き合いしている人に当てはめて、これからの付き合い方の参考にしてください。また、相手の大まかな性格を占って、それをもとに今後のデートスポットを考えたり、気持ちを引きつけるような会話を考えたりしてみましょう。理想の相手を見つけて結婚まで到達するにはそれなりの努力が必要です。性格判断や相性占いを用いることで理想の相手を見つける手がかりにしてください。

いかがでしたでしょうか?
自分にとって本当の理想を相手を見つけるためには、自分自身をよく理解し、相手に何を求めるかを明確にすることが大切です。当サイト「当たる占いドリームコープ」では
「自分の性格から導く相性占い」や「姓名判断で互いの相性占い」をご紹介しておりますので、お気軽にお試しください。占いをきっかけに理想の相手を見つけることができるかもしれませんよ!

bar

今注目のページ

bar

最新情報