bar

ビジネスは相性が命!キーマンとの相性を占っておこう-ドリームコープ

keyman

ビジネスシーンにおける相性とは?

ビジネスシーンにおいて人と人との相性は非常に重要です。出世しているビジネスマンや、マネージャーにお抱えの占い師がいて、逐一相談していることも珍しくないことは、仕事運コラムでも多く取り上げておりますが、インターネットがこれだけ普及した時代においても、人とのつながりやコミュニケーションを大切にしている人ほど、大きな仕事に成功しているのも事実。

仕事の内容や業種問わず、常に人と接する機会が多いビジネスにおいては、特に相手との相性を重視する傾向が強まっており、今後のビジネスシーンにおいても、人との相性が非常に重要になることは言うまでもありません。

いくら資金があり、チャンスが目の前にあっても実際の業務にあたるのは人。人との相性がビジネスのすべてを決定しているようなものです。

重要な決定事項において、迷いが生じた時には上司や部下に意見・助言を求めることになりますし、普通の会社員であれば、何事も上司への報告、部下への適切なアドバイスなど、自分ひとりで全てが完結するような仕事は、実は非常に少ないのです。

相手の性格を見極め、相手の考えていることや要望などの意図を汲み取ることで相手との距離感が縮まり、ビジネスパートナーとしての関係を構築できるようになります。それだけビジネスシーンにおいては、相手との相性が重要なのです。

上司と部下の相性、女性スタッフとの相性

上司とウマが合わない?ホロスコープで相性を占おうの記事でもご紹介しているとおり、上司と部下の相性がいいと、上司は的確な指示を出し、部下の能力を引き出し、フォローすることができますし、部下の方も、たとえ厳しい言葉で注意されてもポジティブに受け止めることができ、のびのびと自分を発揮し、謙虚に成長しつつ課題をこなしていくことができます。

逆に相性が悪いと、上司が何気なく言った一言で部下が傷ついたり、自信を失ったり、逆恨みされたり、上司は上司で部下の気持ちが理解できず、ちぐはぐなことを言ってしまったり、押さえつけてしまったりすることになりかねません。

立場を問わず、上手に人間関係を構築していかないと業務面で様々な支障や弊害が起き、結果的に自分自身の評価を下げることになりかねません。

また、男性においては女性の上司・部下など、異性に対する相性も非常に重要です。特に男性上司と女性部下のパターン、そして女性上司と男性部下の組み合わせは何かと気を使う部分であり、互いに理解し合うことが同性同士以上に重要です。

それ以外でも、如何に女性スタッフのサポートを得ることができるかが、昨今の職場では非常に重要なカギとなり、女性スタッフから嫌われてしまうとあっという間に職場での評価が下がってしまうなどということも珍しくありません。

定期的にスイーツの差し入れをしたりして、相手との良好な関係を日頃から構築しつつ、互いの良さが引き出せるコミュニケーションを心がけることで、実利に結びついていくでしょう。仕事がしやすい環境ほど、会社の利益に結びつくのは様々な場面で立証されています。

取引先担当者との相性を占う!

取引先の担当者と相性がいいと、とっさの判断で決めたことが思いがけず喜んでもらえたり、何気ない気遣いが高評価につながり、大口の契約に移行、などとんとん拍子に話が進むことがあります。むろん、様々な人で成り立っているのが社会なので、運悪く、何をやっても裏目に出てしまう人間関係も存在しますが、相性占いはそんな時こそ役に立ちます。

相性が悪いというのは、言い換えれば感じ方が違う、価値観が違う、歩み寄ることが必要な存在ということなので、占いによって自分が思っていたのとは全く違う相手の意図を知ることができれば、誤解することも少なくなり、かつ、自分の人間的な幅を広げることにもつながっていくでしょう。

時には理不尽な要求をしてくる場合もありますが、それに対して感情的に返すのではなく、相手の性格を知り、どのようなことを要求しているのかを理解したうえで、対処方法を考えれば良いのです。

相性占いは、客観的に相手の個性を把握できることにメリットがあります。自分にはない相手の個性や考え方を理解することで、円滑な人間関係を築くことができるのです。ただし、個性ばかりを認め過ぎてしまうことで、ビジネスにおいては不利な状況を生むリスクもあります。

極端な例ですが、例えば「あの担当者は大幅に値引きしてあげると機嫌が良くなる」と、薄利で取引を行ったとしても、相手との良好な人間関係が構築できたとしても、ビジネスにおける評価は決して良いとは限りません。取引相手が、価格面を重視しているのか、スピード面を重視しているのかなどの見極めをしっかりと行うことが重要です。

ビジネスシーンに役立つ相性占いはある?!

昨今は男性においても積極的にビジネスシーンで占いを活用していますが、実際にどのような占術が有用なのでしょうか?例えば、取引先や部下の生年月日を知ることはなかなか難しいものです。

そこで、生年月日を必要とする西洋占星術、四柱推命や算命学と言ったものより、名刺があれば占うことができる姓名判断はビジネスでの相性占いに向いている占い、と言えるでしょう。

姓名判断も、最近は様々なもの、社名や、音読みによるものなどもあり、移動中に少しの時間でチェックすることもできそうです。また、誕生日を聞きだす関係性を持てているなら、生まれ月や誕生日占いなども活用できます。何気なくそうした情報を聞き出せるようなセールストークを身に付ける練習にもなるかもしれません。

姓名判断のほかに、カラー診断などもおすすめです。相手の好んで身に着けているネクタイの色なども、重要なメッセージとなるので、赤なら自己主張が強いタイプ、青系は落ち着き、エンジなら高級感のあるものが好き、など、それとなく相手のタイプを知ることができます。

いずれにしろ、もし相性が悪かった場合、互いの違いや注意すべきことを念頭に入れて、失礼のないように心がけていけば、次第に理解が生まれ、本来トラブルになるはずだったことが防げる場合もあります。何事も相手ありきのビジネスシーン、相手との良好な関係を築けるよう、占いを積極的に活用するようにしましょう。

bar

今注目のページ

bar

最新情報