bar

相手の気持ちと思考内容を読み取る占術-相性占いコラム|ドリームコープ

相手の気持ちを考える人

相手の気持ちが分からない。そんな時、どうする?

世の中には色々な人がいます。そのタイプも様々。
そして、だからこそ、どこまで行っても気になるのが人の気持ち「あの時、何故あの人はあんなことを言ったのだろうか」「どういうつもりだったんだろう」「何を考えているのか分からない……」

仲のいい友だちに理由を聞いてみても、自分と気が合う友だちは同じような思考の持ち主。「なんでなんだろうね」と一緒に考え込んでしまうことがほとんど。
「もしかしたら、こんなことを考えていたんじゃない?」と出してくれた答えもどこかピンとこない。
人は人、自分は自分と分かってはいるものの、釈然としない。そんな時、占いでピンとくる答えが得られることもあるんですよ。

相手の気持ちが分からなくて悩ましいのは恋愛関係だけではありません。たとえば親の考えがまったく分からなくて困ることもありますよね。
将来のことで、親と自分の考えがまったく食い違っている場合、子供の側としては、自分の事を分かってくれない、酷い!ということもありがちです。そして実際に親の過保護や身勝手な方針が子供の芽を摘み取ってしまう場合もあります。
でも、愛情から来る行き違いや、子供の見通しが甘く、親は冷静に事態を判断し正しいアドバイスをしているという場合もあるのです。
占いは、本人が主観的であるがために見落としてしまっている真実を教えてくれるものです。

タロットが明かす相手の真意

相手の気持ちを占うタロット
たとえば、タロット占いならそのものずばりを教えてくれます。
相手を示すカードが愛情や誠意をあらわすような良い意味だった場合、たとえその発言が自分的には納得いかなかったり、態度が良く分からないとしても、相手を信頼してOKです。あまり悩む必要はありません。

でも、一見、もっともらしいことを言ってくれているけど、どうも信用できない、だから気になるという場合に、相手のカードが信頼できないものだったら、あなたの感じている違和感は当たっている、相手は決してあなたのことを思って言っているのではなく利己的な考えから発言している、むしろ利用しようとしている、などがわかるわけです。

もっとも占いをすべて信じてしまい、相手は自分の敵だ!と排他的になるのもよくありません。
そういう可能性もあるかもしれない、と冷静に行動することで、相手もおかしな行動をとりづらくなり、お互いにトラブルを回避することができる、こんな風に占いの結果を利用してみてはいかがでしょうか。

持って生まれた思考回路や感情の動きを占星術で理解する。

今の状況だけで判断しても、長い付き合いをしなければならない学校や職場の人間関係だと困ってしまいます。
相手の思考内容のパターンを知ることが出来ればいちいち気にしなくてもよくなります。そのためにはたとえば西洋占星術もおすすめですよ。

西洋占星術では、生年月日、時間からその人の生まれ持った傾向を導き出します。星占いでは太陽星座だけを占いますが、月や火星、金星、木星と言ったほかの惑星の位置からも性質を見ていくことができるのでより精度も高く詳しく占えるのです。

たとえば、天王星や冥王星といった太陽系の外側の星は10年以上かけて太陽の周りを一周します。つまり、世代的な違いなども読み取れるわけです。
また、月や金星は感情や感覚的なものをあらわしているので、何に弱いかというウィークポイントも分かります。容姿をとても気にするタイプであるとか、情に流されやすいとかの傾向が分かります。

西洋占星術に関しては、西洋占星術を簡略化した星座占い(太陽星座占い)に関するコラムもございますのでご参照ください。

霊能者に透視してもらう

これはある意味禁じ手ともいえるのですが、優れた占い師の多くは占断方法ではなく、インスピレーションや霊能力で知った結果を伝えている場合もあるのです。この場合、常識にとらわれない角度からの判断が可能となります。
たとえば、先祖の関係、前世の関係などもそれに含まれます。前世でかかわりのあるひとが今世でも近しい仲になることは良くあることのようです。
様々な占いの中でも、霊感占いの需要があるのは、その的中率の高さからです。一度試してみるのもよいでしょう。

どうでしたか?占いはハサミと同じ、使いようです。なんでもかんでも占いに頼ってしまうのはもちろんよくありません。
ですが、自分の考えにどうしても凝り固まってしまうと分からなくなってしまいがちな対人関係の悩み、相手の気持ちを知りたい、思考内容を知りたい、そんな時には、自分では思っても見なかった視点からのアドバイスが得られることもありますので、活用してみてくださいね。

bar

今注目のページ

bar

最新情報