bar

名前や字画から見える!運勢占いによる将来像-ドリームコープ

forward

命名においては、今も昔も画数を重視する

親から授けられた名前には、どのような人間になって欲しい!という将来を見据えた希望や願いが込められており、この世に生まれて一番最初に授かる親の愛情といっても過言ではありません。

もちろん名付けにおいては、名前診断や使われる漢字の画数なども熟慮したうえで、理想の人物像にマッチした名前をご両親が必死に考え、時には専門の鑑定士などに依頼したうえで決めてくれるものですので、その名前に誇りをもって一生涯大切にすべきものだと思います。

特に名前診断については、姓名の画数から人生そのものを占う総運(総格)、その人の性格や才能などを占う人運(主運)、外的要素や生活面での行く末を占う外運(助運)などを鑑定し、最終的に運気の良い名前に決めるわけです。

姓名判断における占術の種類は相術となり、基本的には命術のように、その人がもつ生年月日などの固有データを元にするものの、その状況によっては変化が生じる可能性がある、見た目からわかる状況を鑑定する占いで、同種の占術には手相占いや風水などが挙げられます。この名前や字画を重視する姓名判断による運勢占いで、ご自身の将来像をイメージすることができるか?見ていきたいと思います。

姓名判断においては五運を重視する

冒頭でもご紹介したいように姓名判断においては、その姓・名の画数において総運・人運・外運・地運・天運の五運を鑑定し、画数の奇数および偶数の配置で吉凶を占います。

名前に使われる文字において、偶数の画数は陰、奇数の文字は陽として陰陽配置が重要とされており、その画数において全てが奇数であったり偶数であったりする名前は、姓名判断においてはあまり運気の良い組み合わせとは言えないようです。

上述した総運や人運、外運のほか、地運(地格)は名前の総画数で判断され、その人の個性や人格を示すもので特に20歳くらいまでの若年期の運勢を示すと言われています。

最後の天運については姓の総画数で判断されるもので、結婚などで姓が変わらない限り、自分の力が及ばない祖先から受け継いぐ過去の暗示と言えます。

例えば、結婚などで姓が変わった場合、姓名の画数が変わることで運気にも変化が生じる場合があります。その後、子供が生まれた後に離婚などで旧姓に戻ったりすることになると、子供の姓も変わることで、子供の運気にも影響を及ぼす可能性があることから、敢えて旧姓に戻さないという方もいらっしゃるくらいです。それだけ姓名判断における陰陽鑑定を重視している方は多く、信憑性の高い占術であることの証左であると言えます。

姓名判断から見える自身の将来像?!

姓名判断においては、姓と名の総画数である総運、姓の最後と名の一文字目の画数を足した人運、総運から人運を引いた外運、名前の合計字画数である地運、姓の総画数となる天運の五運で構成されていることは先述のとおりですが、特に重要視されるのが主運とも言われる人運(人格)であり、五運の中核を成す非常に重要な要素と言えます。

つまり、姓の最後と名の一文字目の画数の組み合わせによっては、運勢が大きく変わる可能性があり、結婚や離婚によって変化が生じる可能性がある相術の要素の部分となりますので、結婚などによって姓が変わる可能性がある場合には、一応字画を確認しておくと良いかもしれません。

人運については、その人の性格や才能を司るほか、仕事や結婚など総合的な運勢を示すとされる部分で、地運が若年期の運勢を示すのに対して、人運は中年期の運勢に影響を与えると言われております。特に結婚後の働き盛りの時期や一番幸せを感じやすい充実期の運勢を示す部分となりますので、将来的に成功して充実した日々を過ごすことができるのか?という面においては、人運の画数を意識しておく必要があります。

ただし姓名判断においては、相術と言えど意図的に名前や苗字を変えることが難しいため、生年月日のような命術要素に近い先述と言っても過言ではありません。字画が悪いからといって安易に名前を変えることが難しいので、ご自身が親になって子供の命名を行う際には、しっかりとお子様の将来像を見据え、特に人運を構成する姓の最後の一文字と、名の最初一文字目の画数の組み合わせを重視すると良いでしょう。

近年では、俗にキラキラネームと言われる珍しい個性的な名前や、子供にとっては難解で難しい漢字を使った名づけをする親も増えてきました。それ自体が運気を左右するということは少ないようですが、名前が原因で自ら運気を停滞させてしまうような心理状態に陥らないような名付けが必要なのかもしれません。

bar

今注目のページ

bar

最新情報