bar

下半期は運気に恵まれる?運勢占いで仕事でのチャンスを掴もう|当たる占いドリームコープ

work-second-half2018

運気の流れを知っておく重要性

・がんばっているつもりなのにどうも結果が出ない。
・疲れきってしまって何もしたくない。
・やりたいことが沢山あるのに手がつけられない。
・最近、嫌なことが続いている。
・物をなくしたり、物を壊したり、様々なタイミングが合わない。
こんな時、運気が悪いのかな、とついつい考えてしまいますよね。

実際、運気とはどんなものでしょうか?
人間は地球で生きているので、地球の分身ともいえます。地球におきていることの影響を受けざるを得ません。性別、年齢、どんな職業の方であろうと関係なく地球に住んでいる限りは関係することですね。

自分だけを見ていると運気は分かりにくいですが、地球を例にすると、とても分かりやすいと思います。まず生きている地域には四季があるでしょう。夏だけの国もあるかもしれませんが、雨季や寒気、植物の生える時期、枯れる時期は存在します。そこに、今年は雨が多かった、去年は日照りがすごかった、などのサイクルがあります。実はこれこそが運気そのものなのです。

人の一生もこのように、乾季や雨季、また、早春から盛夏などの季節や、その年毎に、雨が多い年、晴れてばかりいる年、川が氾濫し被害があった、だけどそのおかげで翌年は作物が良く育った、などなどのサイクルがあります。
このサイクルも、もちろん地球の地域差のような個人差があり、温暖であまり変化のない、暮らしやすい人生もあれば、砂漠のようにドラマチックだけど激しい、あるいは、四季折々の変化があり、それによって生き方も変える必要がある、などが出てくるわけです。

自分の運気を知ることは、個性を知ること

各種の占いでは、この目には見えない自分の特質や個性からどのタイプの運気なのか、今の運気はどうか、今後はどう変化していくのか、などを占います。
たとえば、北極などの人の住まない地域に生まれたような特殊なタイプがいるとします。誰にも理解されなくても、信念を持って、ひとつのことをやりこんで、死後に結果を残すタイプの人かもしれませんね。いわゆる孤高の天才、偉人と言われる人たちです。このタイプの人が自分を理解せずに、もっとも人が多く住んでいる温暖湿潤気候的な、周りの人やルールに合わせて生きる運気の人を真似なければと思い込み、不本意な仕事をしてしまうなどすると、非常な生きにくさを感じ、不幸な時間を送り、運気に恵まれていない、ということになるわけです。

また、温暖で四季があるということは、変化があるということですので、強力な信念を持つことは不利にもなります。そんな性質の人が、ちょっとした怠け心や甘えから、世間との付き合いを絶ってしまうと、自分自身のエネルギーに反するため閉じこもってしまうことになりますし、信念を持ちにくいため何もできない、と言ったことになります。

自分がどういう特質を持つ存在なのか、理解している人はあまりいません。自分の特質を理解するために、心理テストや占いなどで自分や自分の運気を知ることは、色々なチャンスを掴み、生かすために大事なことと言えます。

いかがでしたでしょうか?自分の運気を理解してそれを仕事に生かすことができると、その仕事があなたの天職になるかもしれませんね。当サイト「当たる占いドリームコープ」であたなの2018年下半期(7月~12月)の運勢がどのようなものなのか占ってみませんか。
運勢を占う

bar

今注目のページ

bar

最新情報