bar

婚活で成功するなら相手の趣味や好みを占おう-結婚・婚期占いコラム

手をつなぐ男女

「26歳になったら大好きな人と結婚して…」と夢を描いていたのに、気がつけば三十路。
仕事に明け暮れていたら、あっという間に時間が経過してしまい交際相手もいない。となると、この先「結婚できるのか」と不安になりますよね。

ですが、積極的に婚活すれば素敵な出会いが待っているかもしれません。
婚活をする時には、まずそのサービスを提供しているところに登録します。
主な登録場所としては「結婚情報サービスの会社」と「結婚相談所」という、2種類があります。
この2つの違いはなんでしょうか。

行動派にオススメなのが結婚情報サービス

結婚情報サービスの会社と結婚相談所は「どちらも同じ婚活サービスじゃないの?」と考えがちですが、そのサービス方法に違いがあります。

結婚情報サービスとは、会員情報をデータベースにして相手を探す人の条件を受けて、数ある登録者のデータの中からシステムを使ってデータを提供します。
情報サービスなので提供することに特化し、その後のマネジメントなどはありません。

細かい好みや趣味などの希望を入れて検索すると、マッチした数人が文字情報として出てくるので、「この人!」と思う相手と連絡を取って直接会ってみることになります。
どちらかというと自分から動かないといけないので、フットワークの軽い行動派におすすめです。

比較的多くの人と気楽に出会うことができるサービスとして、利用者には若い人が多いようです。

結婚相談所はきめ細かなサポートがあります

結婚相談所はその言葉から、小規模運営で仲介する人がいて男女を引き合わせる、というようなイメージがあります。

確かに個人経営が多いのですが、IT社会の現代では各相談所をネットワークで結び、登録者の情報を共有することで自分の好みに合った人を選びやすくなっています。
好みに合わせて定期的におすすめの人を紹介するデータを送ってくれたり、ネットワークの中から検索して相手を見つけたりすることもできるようになっています。

以前からのきめ細かな仲介サービスには変わりがなく、カウンセラーが常に相談に乗ってくれるというのが相談所のいいところです。
自分から物事を進めるのがあまり得意でなく、消極的なタイプの方には、サポート体制が手厚い相談所が合っていると思います。

占いで相手の趣味や好みを掘り下げてみる

結婚情報サービスや結婚相談所では、マッチングした相手の情報として趣味がわかると思います。
たとえば、趣味は旅行で食事は和食が好き、などの大まかな情報だったりすることもよくあるようです。

しかし、これだけで自分と合うかどうか良くわかりませんね。
なぜなら、国内旅行なのか海外旅行なのかで違ってきますし、和食といっても幅広く、家庭料理なのか懐石料理なのかで好みのお店にも差が出ます。

反対に、相手は陶芸が趣味で自分は旅行が好き、という場合でも一見趣味が違うように見えますが、旅行しながら各地の焼き物を見て回る、というように共通点を見出すこともできるのです。

婚活を成功させるなら、実際に合う前に提供されたデータだけでなく、そこから広がる話題作りなどの下準備をすることが大切です。
相手の趣味や好みをもう少し深いところまで知っておくと、初めて会う時にも話題に困りません。
この場合は相手のことを占うので、名前の画数で見る姓名判断、生年月日を用いる四柱推命や占星術がおすすめです。

いかがでしたか?
相手の名前や生年月日が分れば、相手の趣味や特技、性格や職業などをみることができますし、相手との相性も占うことができます。

結婚生活を円満に過ごすには、同じ価値観を持つことが大切です。
趣味や興味が同じようなものでしたら、その楽しみを共有することができるため結婚生活を楽しく送ることができることでしょう。

婚活での出会いをきっかけに、新たな人生を始めましょう。

■関連記事
婚活占いで運命の出会いを招く婚活パーティを見極めよう
この人と結婚して大丈夫?婚活占い相性診断

bar

今注目のページ

bar

最新情報