bar

タロット占いで紐解くベストな妊娠時期や子供の育て方-結婚・婚期占いコラム

タロットで妊娠時期を占う

赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが生まれたらこんな子に育ってほしいなど、親として色々思うことはたくさんありますよね。

さて、生まれてくる赤ちゃんの性格っていつ決まるのでしょうか。
もちろん遺伝的な要素があるのはもちろんですが、その他にも育て方や環境などがあります。
赤ちゃんの性格の決定には、どのような要因が関わっているのでしょうか。

妊娠中の食事が赤ちゃんに及ぼす影響とは

赤ちゃんは、ママの体から栄養をもらってすくすくと育ちます。
つまり、良いものも悪いものも赤ちゃんに影響を与えてしまうということ。
妊娠中の食事は、脳や心の発育に影響を及ぼすことがわかってきました。
赤ちゃんに与える影響とはどのようなものがあるのでしょうか。

アメリカの研究チームのデータによると、お肉ばかり食べているママよりも、魚を主菜として比較的低カロリー高タンパクな食事を食べていたママから生まれた子供のほうがIQは高い傾向にあるという結果が出ました。
脳の記憶力には魚に含まれるEPAとDHAが良いのです。

しかし、お肉にも必要な栄養があり、赤身の多い肉にはビタミンBやE、そして何よりママに大切な鉄分が豊富。
つまり、マグロやブリなどのEPAやDHAが豊富な魚と、脂肪の少ない赤身のお肉、野菜をバランスよく摂るのが良いということですね。

気をつけたいのは加工食品の摂りすぎ。
加工食品は胎児に必要な栄養素があまり摂れず、食品添加物や塩分、脂質が多く含まれていますので、妊娠中毒症の要因にもなりやすいため食べすぎには注意したいものです。

周辺環境とパパの役割が大切です

赤ちゃんが生まれたら密接に関わる人は両親ですね。
つまり、親の立ち居振る舞いを赤ちゃんがすべて見ている、ということになります。

心理学では、3歳までに性格がほぼ決定するというのはよく知られています。
悪いことをしても叱らない、やりたいことを好きなようにやらせているだけ、というのを見過ごしていると、自己中心的な人間になる傾向にあります。
自立できるように促し、善悪を教えて必要な時は叱るが、常に子供のことを考えて愛情を持って接することで、安定した良い性格が形成されると言われています。

ミルクをあげたり抱っこしたりと、ママとの触れ合いが赤ちゃんの性格に大きく影響すると考えがちですが、実はパパの影響も大きいのです。
パパものんびりしていられませんね。
人類学者のロナルド・ローナー氏の研究によると、攻撃的、不安感がある、非行そして自己評価が低いといった傾向にある子供は、父親の接し方に問題がある場合が見られるとか。
パパは大きな気持ちで暖かく、しかし時には厳しく愛情を持って赤ちゃんに接しましょうね。

タロットカードで妊娠時期を占う

タロット占いの基本になるのは、カードの絵が持つ意味です。
このカードを引いて出てきた絵は単なる偶然ではなく、大いなる意味を持つということです。
絵柄の意味と、そこから質問者に関わる結果を読み取る占者の才能が深く関わってきます。
したがって、どのような人生を送るか?などのふんわりしたテーマではなく、結婚や妊娠の時期などピンポイントで具体的な事柄を占うのに最適です。

なお、妊娠や子宝に恵まれるといった意味合いのカードは女帝太陽などがあります。
いずれも正位置の場合ですが、女帝には、母性・豊かさ・出産がキーワードで「実りある行動」という意味があります。
太陽には、幸運・成功・妊娠のキーワードがあり「幸せな結婚」という意味を持ちます。
星には、母性愛・豊かな大地というキーワードがあり「希望と明るさ」という意味があります。

タロットカード占いでは悪い結果ばかり出てしまうこともありますが、良い未来を引き寄せるためには悪い結果を受け入れることにより何が足りないか何を学べるのかを考えることが大切です。
アドバイスを受け入れて行動に移すことができれば、新たな道が見えてくるでしょう。

当たる占いドリームコープではベストな妊娠タイミングを夫婦の生年月日から占おう妊娠時期やベストタイミングを占うならこの占術!など、妊娠や出産にまつわるコラムをご紹介しております。
日頃から生活に占いを取り入れていれば、今ある悩みをプラスに捉えることができます。
占いを通じて素敵な未来を描きましょう。

bar

今注目のページ

bar

最新情報