bar

結婚相手の性格や本質を占う-結婚占い|当たる占いドリームコープ

partner

タロット、手相占い、姓名判断、星占い、数秘術、算命学など、占いにはさまざまな種類がありますが、性格や本質を占うのにもっとも適した占いは何だと思いますか?
どの占いも感性と経験豊かな占い師であれば、それぞれに素晴らしい判断をしてくれますが、ここでは俗に言う星占い「西洋占星術」について取り上げてみたいと思います。

西洋占星術が結婚相手の本質を占うのに相応しい理由

西洋占星術の起源は古代バビロニアにあるとも言われ、大変古いものですが、天文学の発達とともに、学問のように系統だった研究がなされてきたため、占術の違いはあれど、共通するメソッドがあります。
また、古くからギリシャ、ヨーロッパ世界はもちろん、イスラム圏をはじめ、世界中で占われ、数々のケースをストックしているため、抜群の精度を誇っているのです。
もちろん統計に基づくものですから例外はありますが、星の配置によって、「この場合はそうなりやすい」「こういうことが起きやすい」という例を世界中の占星術師がストックし研究しているという状況です。

結婚相手の性格や本質を占う場合は、生年月日と出生時刻から動きの早い月の配置を正確に出すことができ、それによって上昇宮などが決定するなど、より精度の高い占い結果を期待できます。星占いでは、月は太陽と同じくらい重要視される星で、感情面など、その方の情緒的な部分を示しています。「わたしはお昼の12時半生まれだけど、あなたは何時に生まれたの?」といった形で出生時刻を聞き出してみましょう。

また、男性にとっては月が配偶者を表すことになりますので、あなたが女性であれば、お相手の月の配置から、様々なことが分かります。クールなタイプを求めているのか、優しいタイプがいいのか、本質的なところからの欲求があらわされているのです。
逆に、あなたが男性で女性との結婚を考えている場合、そのお相手の太陽が配偶者をあらわします。しし座に太陽がある女性であれば、堂々として自信満々、目立つタイプを求めている。かに座であれば、包容力と家庭を大事にし、ともに歩んでいける人がいいと考えている、といったところでしょうか。

西洋占星術で現れる本質

雑誌の星占いのページでとりあげられているのは太陽星座という、空を360度、12分割し、生まれた時、どの星座の方向に太陽が入っていたかで占うものになります。
この太陽は自分自身ではあるのですが、ご存知のとおり、人の性格は様々な要素が絡み合ってできあがっているため、星占いで書いてあることとだいぶ違うぞ、ということもあるわけです。
たとえば、上昇宮という生まれた時の東の地平線上にどの星座があったか、というものを調べると、人から見たその人、ルックスや印象が分かるわけです。とても華やかなオーラを放っている、と言う場合、調べてみると上昇宮が獅子座だった。だが深く付き合う内に、太陽星座である山羊座の堅実さ、粘り強さ、几帳面なところが分かってくる、といった具合です。
つまり、配偶者となる方とも、最初は上昇宮の印象に惹かれ、付き合っていく内に、本質が見えてくる、ということはままあるのです。

また、西洋占星術ではハウスと言って、12に分けた部屋(ハウス)それぞれに意味があり、どの星がどのハウスに入っているのか、そのハウスの主人である惑星や、星座、など、多角的に占っていきます。そのため、複雑な人の個性や、本人も気がついていない要素などが分かることもあります。

プロの西洋占星術師の的中率はかなりの精度を誇っています。当サイト「当たる占いドリームコープ」の西洋占星術で結婚相手の性格や本質を占ってみてはいかがですか?結婚相手の本質や見えていない性格などを知りたかったら、一度占ってもらうと、結婚生活を円満に送る上で参考になるでしょう。

bar

今注目のページ

bar

最新情報