bar

あなたの金運と財運を占おう!

金塊が入った宝箱

占いには大きく分けて東洋に伝えられてきた「東洋占い」と西洋で伝えられた「西洋占い」とにまとめることができます。
その中から生年月日と姓名から金運を占う方法を紹介します。

生年月日で占う

生まれた年月日で運勢を占う方法には、東洋占いでは四柱推命・算命学・九星気学、西洋占いでは西洋占星術があります。

四柱推命:生年月日と出生時刻を元にして、十干(じっかん)と十二支を組み合わせたものから性格や運命などを読む占い

算命学:「木・火・土・金・水」と陰陽を組み合わせて生年月日から性格と運命を導きます

九星気学:「木・火・土・金・水」の五行と十干・十二支、白・黒・碧・緑・黄・赤・紫の7色を年月日に割り当てて占う方法で、その名前から太陽系の星に関係があると思われがちですが、全く無関係で占星術ではありません

西洋占星術:生年月日や出生時刻をもとにその時の宇宙の星の配列によって性格や運命を占うもので、いわゆる12星座占いのこと

姓名判断で占う

私達日本人は名前も漢字やひらがな・カタカナですので、名前で占う場合には画数で占うということになります。
この姓名判断は古代中国の陰陽五行説が元になっており、平安時代あたりから公家など上流社会の人々の間で用いられていたようですが、日本でポピュラーになったのはずっと後で、国民すべてが名字を名乗れるようになった明治時代からだそうです。

姓名判断には流派が複数あり、数え方に少しずつ違いが出てきますが、いずれも大きく分けて「天格・人格・地格・外格・総格」の5つで判断しています。

人格とはその人の中年期の運勢に影響があり、仕事運に関わります。
地格とは幼少期から成長の過程に影響があり、適職や金運に関係するそうです。

姓名判断では、この人格と地格の2つが金運を知る上で大いに関わってくるようですね。

生年月日や姓名判断で金運を占う

人には持って生まれた宿命があるのと同じように、生まれ持った金運があります。時には上昇したり、ある時から下降したりと波もあるでしょう。
しかし、金運や財運は宿命のように変えられないものではなく、行動と思考パターンで運を引き寄せることができるのです。

過去記事「金運占いで分かる!金回りの良い人の行動パターン」でもご紹介しておりますが、もともとの金運にプラスアルファを付けることが誰でも可能なのです。

また、お金が回ってくるのは金運だけとは限りません。
仕事運や対人関係が良い方向に向かえば収入アップにつながることがありますし、人の悪口を言ったり愚痴ばかり言うなどのマイナス思考ではお金も寄り付かなくなってしまいます。
まずはお金に好かれるような行動・思考を続けることが大事です。
まずは自分の思考と行動パターンを把握し、金運を招くようにポジティブな方向へと転換しましょう。
それと同時に占いを通じて金運や運気上昇の時期と、自分にあった財産の増やし方などをきちんと把握し、日々の行動パターンと連動させて金運アップを目指しましょう!

現状のあなたの金運を占ってみませんか?運気アップのヒントを得られますよ。
さっそく占ってみる

■関連記事
生年月日で占う!貴方の金運でお金は貯まる?
将来はお金持ち!?金運占いで財運を占おう

bar

今注目のページ

bar

最新情報